年代別にご紹介! 女子高生のトレンドファッションとは?

写真拡大

いつだってトレンドの火付け役はですよね。
いま大人になってみると「JKのときは制服もあったし、一番オシャレが楽しかったな」という女性もいるのでは?
そこで今回は年代別にのファッションをご紹介します。あなたはどの世代に当てはまりますか?

安室ちゃんがお手本! アムラー現象が起きる1996年〜2000年


約20年前のファッションリーダーといえば、安室奈美恵さんですよね。安室さんのマネをする人を“アムラー”と呼び、社会現象になっていました。また特に1997年のSAMさんとの結婚会見で着こなしていた、バーバリーチェックのスカートは大きな話題に。
もちろん制服も“安室ちゃん”の影響を受けています。
1980年後半まで流行ったセーラー服にくるぶしまであるロング丈のスカートの、いわゆる“スケバン”スタイルは一新され、上はブレザーや白シャツにベスト、下はミニスカート、足元はルーズソックスがブームに。
ヘアメイクも茶髪、細眉、肌は小麦色と変化していきました。そして私服はヘソ出し、ミニスカ、厚底。
いかに女子高生が“安室ちゃん”の影響を受けているかがわかりますよね。

男子ウケするコンサバファッションがトレンドに2001年〜2006年


当時のお手本といえば浜崎あゆみさん、倖田來未さん。またSEVENTEENモデルだった鈴木えみさんや榮倉奈々さんなどの制服の着こなしが人気になってきます。
大きめカーディガンを羽織り、シャツのボタンは2個あけてリボンをつける。スカートはマイクロミニが流行し、紺色のハイソックスは長めの膝下。そしてブランドはEASTBOYが大人気に。そしてなによりプリクラブームが起こり、の多くがプリ帳を持っていました。
またこの年代から小麦肌から白肌へと変化。当時のメイクとしてはマスカラたっぷりの猫目、カラーレスなウルウルリップが主流。私服も男性ウケを意識した、コンサバ系がトレンドでした。

白肌甘めギャルになりたい! つけまはカスタムする2007年〜2012年


カーディガンの上からブレザーを羽織り、スカートは若干ですが長くなったこの年代。とはいってもまだまだ膝下紺ソが人気です。この頃からファストファッションが流行しはじめたこともあり、EASTBOYだけじゃなく、ユニクロのカーディガンを着る女子が多数。
そして何よりメイクに変化が。これまでよりもデカ目命な時代が到来。アイシャドウはブラウン、つけまはカスタム、アイラインは絶対に黒! カラコンが流行りはじめるのもこの時期です。益若つばささんやくみっきーがお手本で、“つーちゃん”プロデュースのCandyDollを愛用していました。

前髪くるんが命! トレンドはインスタでチェック2013年〜2019年


この頃からスカートの丈はどんどん変化。ひざ丈スカートに短め紺ソが流行りはじめます。そしていままで制服には手持ちのスクールバッグ、ローファーが一般的でした。しかしこの年代ではリュック、スニーカーを合わせる女子も増えてきます。
私服もいままでになかったガウチョやワイドパンツなど、メンズライクなものがトレンドになりますよね。
そして黒髪ブーム、前髪はくるんと巻くのが必須、メイクのポイントは赤リップなど……。これまでとは全く違うヘアメイクが主流に。これもアイドルや韓国ブームの影響でしょうか。
またトレンドの情報収集もいままでは雑誌が一般的でしたが、インスタやYouTubeがメインになってきます。

さいごに


こうやってみると女子高生のブームって短く、そしてどんどん新しいものを取り入れていることがわかります。
令和はどんなトレンドが訪れるのか、少し楽しみですね。
(和/ライター)