好勝負を制す・出水中央

 出水中央の右腕・石元雄太(1年)、鹿児島南の左腕・田中胡斗龍(1年)、両先発を中心に、守備も無失策と引き締まった好勝負を繰り広げた。 立ち上がり、出水中央は一死一三塁の先制機に、3番・平井聖也(2年)の犠牲フライで先制する。

 2回以降、6回まで毎回走者を出して押し気味に試合を進めていながら、追加点が奪えなかった出水中央だったが、7回に先頭の8番・坂口誠汰(2年)が両チーム通じて初の長打となる二塁打で出塁。バントで送り、1番・東畠幸人(2年)の内野ゴロで待望の追加点を挙げた。

 6回まで我慢の展開が続いていた鹿児島南だったが7回裏、一死から四球と連打で満塁とすると、7番・鶴田航海(2年)の犠牲フライで初得点を挙げ、再び1点差とした。

 終盤は鹿児島南が押し気味に試合を進め、8、9回も走者を出して得点圏まで進めたが、最後も併殺で打ち取られるなど、あと一本が出なかった。

(文=政 純一郎)