日本代表、11月にベネズエラとの対戦が決定

写真拡大

日本サッカー協会(JFA)は25日、「11月19日に行われるキリンチャレンジカップ2019の相手がベネズエラに決定した」と公式発表した。

現在ワールドカップ予選を戦っている日本代表。10月にはモンゴル戦とタジキスタン戦を控えており、11月14日にはキルギスとの試合が待っている。

その直後に行われるキリンチャレンジカップ2019の相手は未定となっていたが、今回ベネズエラが来日することが決定したとのこと。

会場は大阪のパナソニックスタジアム吹田となっており、19日の19時25分にキックオフされる予定だ。

ベネズエラは現在FIFAランキング26位で、日本はこれまで4度対戦。日本側から見て1勝3分けという成績となっている。ただし、1試合はベネズエラの失格であるため、内容だけを見れば4引き分けである。