ラグビーW杯ウェールズ代表 大きなスプーンを携行する伝統

ざっくり言うと

  • ラグビーW杯ウェールズ代表のある選手は、大きなスプーンを持ち歩いている
  • 最年少の選手が常にこのスプーンを持ち歩くというのがチームの伝統だという
  • スプーンは「愛情や恋のしるし」で、ウェールズ特有の伝統のひとつだそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x