画像提供:マイナビニュース

写真拡大

アグレックスは9月25日、Webチャットツール「LiveAgent」の導入をテンプレート化した「Webチャット導入支援パック」の提供を開始したことを発表した。

セールスフォース・ドットコムが提供する「Live Agent」は、顧客や見込み客とオンラインでリアルタイムに 対話できるライブチャットツール。チャット内容をSalesforce Service Cloud上のデータベースに関連付け、顧客情報や過去のチャット履歴などを確認しながら対応することで、顧客満足度向上を図ることができる。

今回、アグレックスが提供を開始した「Web チャット導入支援パック」は、業務フローの分析を含むシステム要件の検討から「Live Agent」の導入、操作トレーニングまでを一貫して提供するパック。

導入時の要件定義フェーズにアグレックス独自のヒアリングシートを用いることで、現状分析や課題整理がスピーディーに行えるため、 検討開始から最短約3ヶ月での導入が可能だという。

また、同社の長年にわたるカスタマーサポートサービスの立ち上げ・運用実績やインストラクター 業務経験を活かした、Web チャットのオペレーションを支援するオプションサービスを必要に応じて選択できることも、同パックの特長とのことだ。提供価格は300万円〜(参考価格)で、導入期間は最短3か月〜。