判定が物議醸すラグビーW杯 異例の発表「一貫性欠いた」

ざっくり言うと

  • ラグビーW杯では、選手の危険行為が見逃されるなど物議を醸している
  • 24日、審判団の判定は「一貫性を欠いた」と統括団体が異例の発表
  • テクノロジーの使用とマッチオフィシャル間の意思疎通が課題と述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x