画像はサイゼリアのホームページ スクリーンショット

写真拡大

イタリアンレストラン「サイゼリヤ」は、10月1日に予定されている消費税率引き上げ後も税込価格を据え置き、店内飲食と持ち帰り価格を統一すると発表した。

サイゼリヤは、ボトルワインなどを除く全てのメニューを実質2%値下げし、現行の税込価格を維持。メニューブックに「TAKEOUT」マークがついている軽減税率対象の商品は、利用客が混乱しないよう店内飲食と持ち帰りを同じ税込価格で提供する。

例えば、看板メニューの「ミラノ風ドリア」の店内飲食は、現行の税抜価格277円から272円に値下げ。これに消費税10%を加算し、税込価格299円に据え置く。持ち帰りの場合は、税抜価格を277円とし消費税8%を加算することで、店内飲食と同じ299円で提供する。

消費税増税に伴う軽減税率導入をめぐって大手外食チェーンでは対応が別れている。マクドナルドは、7割のメニューで税込み価格を据え置き、店内飲食と持ち帰りの価格を統一。牛丼チェーンでは、すき家と松屋が店内飲食と持ち帰りの価格を統一する一方、吉野家は異なる価格で提供する。