Googleは、現地時間9月23日付けでサブスクリプション制ゲームサービス「Play Pass」を発表しました。

2年目以降はApple Arcadeと同じ月額料金

AppleはゲームプラットフォームApple Arcadeをリリースしたばかりですが、Googleも類似したゲームサービス「Play Pass」を発表しました。
 

 
Play Passには、すでに350のアプリがリストアップされており、すべてのゲームを広告なし、アプリ内課金なしで楽しむことができます。
 
現在プレイ可能なタイトルには、Terraria、Monument Valley、Risk、Star Wars: Knights of the Old Republic、LIMBO、Lichtspeer、Mini Metro、Old Man’s Journeyなどが含まれますが、今後毎月新しいゲームが追加されていく見通しです。
 
Play Passは、最初の12カ月間は月額1.99ドル(約214円)で利用できます。その後は月額4.99ドル(約536円)の料金体系に移行となります。なお、家族5人とサブスクリプションの共有が可能となっています。
 
 
Source:Google via Cult of Mac
(lexi)