フットボールアワーの岩尾望

写真拡大

 お笑いコンビ「フットボールアワー」の岩尾望(43)が22日深夜放送のテレビ東京「博多華丸のもらい酒みなと旅2」(日曜深夜2・05)に出演。コンビ結成にまつわる、相方・後藤輝基(45)との秘話を語った。

 99年4月の「フットボールアワー」結成前に、岩尾と後藤はそれぞれ別の相方とコンビを組んで活動。そんな中、岩尾のコンビ「ドレス」の解散と同時期に後藤のコンビの解散も決定したのだという。

 「解散まで2、3カ月を残した時期に、よく(後藤と)世間話をしていた」というが、お互い“2人で組もう”と言い出せず、岩尾によると「付き合う前のカップルみたいな状態が続いていた」という。

 そして、それぞれ解散。その際、岩尾が意を決して後藤に電話を入れたのだが、そこでも切り出すことができずにいたところ「(後藤が)気持ちを汲んでくれて、『ほな、一緒にやろうか』って。そう言ってくれるのを待ってたんですけど、『まあ、ええっちゃええけど』という返事をして」と照れくさそうに告白。聞いていた進行役の博多華丸(49)は、2人の当時のやりとりを「これ、プロポーズやん」と感心しながら聞き入っていた。