【韓流スターあの人は今】ヨン様を支えた新人俳優、現在はビジネスマンに転身

写真拡大 (全2枚)

2000年代の開始とともに、日本に沸き起こった韓流ブーム。ドラマで火が付いた人気はやがてK-POP人気へとつながり、今では10代たちも熱狂する“第3次韓流ブーム”が起きているが、気になるのはかつて人気だった“あの人”たちのその後だ。

彼ら彼女らは今、どうしているのだろうか。

シリーズでお届けする意欲企画。今回は“ヨン様”の主演ドラマでその名が知られたイ・フィリップの今を紹介する。

【写真】日本のバラエティ『ウリナリ』で人気の美少女ジニーが美しき淑女になっていた!!

現在はビジネスマンに転身したイ・フィリップ

韓流ブームは無名の新人俳優を一躍、人気スターに押し上げる効果もあった。

俳優イ・フィリップもその1人だ。彼女は韓流ブームに乗って彗星ごとく登場したシンデレラボーイだった。

2007年にドラマ『太王四神記』でドラマ・デビュー。同作は“ヨン様”こと、あのペ・ヨンジュンが主演したスペクタクル時代劇で、韓国はもちろん、日本でもNHKの総合テレビで放映された。

この『太王四神記』でヨン様演じるタンドクを支える四神の1人で、青龍の転生チョロを演じたのがイ・フィリップだった。

イ・フィリップ

フィリップの名前からわかるように、アメリカで生まれ育った彼はジョージ・ワシントン大学大学院修士課程をもち、父親はグローバルIT企業を経営する実業家。当初は父の希望通りに、ビジネスの道を進むはずだったのだが、どうしても俳優への未練が断ち切れず渡韓。『太王四神記』でデビューし、甘いルックスと神秘的な雰囲気は多くの女性ファンのハートを射抜いた。

ただ、その後は『ザ・スリングショット〜男の物語〜』『シークレット・ガーデン』などのドラマに出演する者の主演級までにはなれず、2012年のドラマ『シンイ−信義』を最後に俳優としての消息を耳にすることがなくなる。

それもそのはずだ。なんと、彼は『信義』の撮影終了後、グローバルコスメ企業「カタリスト」の代表となり、青年実業家に転身していたのだ

俳優への未練を叶えるために単身韓国へ渡った彼が、父と同じビジネスの世界に舞い戻ったのは、俳優への未練は断ち切ったということなのだろう。

彼の第二の人生が成功することを願う。