「たくさん子どもを産んでくださいね、という政治家の発言をよく聞きますけど、それ以上に、その産んでくれた子どもを一人も死なせませんという責任ある社会を作ってくれないと安心して子どもを産むことなんかできない」

 22日にAbemaTVで放送された『Abema的ニュースショー』に出演したお笑いコンビ・フットボールアワー岩尾望の主張に、視聴者から「的を射ている」との声が寄せられている。

 この日の放送では、さいたま市見沼区で発生した小4男児遺棄事件に関連して、再婚連れ子の難しさについての議論が行われた。

 このテーマについて東京大学大学院卒で元日経新聞記者の鈴木涼美氏は「女性活躍という施策は出ているが、働いている人の子どもが十分にケアをされる施策は不十分」と指摘。さらに「親の資格という論点になってしまうと、怖くて子どもが産めなくなる懸念はある。不完全な人間が子育てをしているのだから、社会の仕組みとして、国でも民間でも親と子、双方に対するサポートが必要だ」と話し、社会と家庭で子どもを守っていくべきと訴えた。

 意見を求められた岩尾は「殺人なんてもちろんダメ。さらに虐待とかいうニュースを見ると、『たくさん子どもを産んでくださいね』という政治家の発言をよく聞きますけど、それ以上に、その産んでくれた子どもを一人も死なせませんという責任ある社会を作ってくれないと安心して子どもを産むことなんかできない」と持論を展開。

 するとこの言葉に視聴者が反応。「的を射ている」「ほんとそれ」といった賛同の声があがる一方、「社会の責任よりも、まずは大人としての責任を果たすべき」といった意見。さらに「そりゃ、少子化にもなる」というコメントも寄せられていた。

(C)AbemaTV