レスターのマディソン photo/Getty Images

写真拡大

イングランド代表にセスク・ファブレガスのような選手がいればどうなるだろうか。ガレス・サウスゲイト率いるイングランド代表は大きく成長しているが、中盤でゲームを支配する司令塔タイプの選手は不足気味だ。

セスクといえばアーセナルとチェルシーで活躍したチャンスメイカーで、セスクがイングランド人選手ならばと考えたサポーターもいるかもしれない。そんな思いに応える人材となるだろうか。元イングランド代表MFジョー・コール氏が絶賛しているのがレスター・シティMFジェイムズ・マディソンだ。

マディソンはレスターで大ブレイクしており、足下の技術に加えてキック精度も高い。サウスゲイトは9月のEURO2020予選でマディソンを招集していたが、ブルガリア戦とコソボ戦の両方でプレイタイムを与えなかった。英『BT Sport』によると、ジョーコール氏はマディソンをセスク風の選手と称え、代表でも積極的に起用していくべきと語る。

「彼はセスクタイプの選手だよ。彼は優れている。イングランドはこうした選手を信頼する必要がある。中盤にこうした才能ある選手を置くべきなんだ。彼は代表でプレイするだけの力がある。マディソンやマウント、フォデン、グーリッシュといった選手を次の大会で起用しないならば、イングランドにとっては打撃となるだろう」

元イングランド代表FWピーター・クラウチ氏も、「イングランドは彼を組み込むやり方を見つけないと」と語っており、評価はすこぶる高い。イングランド代表ではボックス・トゥ・ボックスのMFが目立つが、司令塔タイプの選手も必要だろう。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

欧州4大リーグの戦いの行方を大予測! いよいよ開幕した各国リーグ戦を100倍楽しめる!!

こちらから無料でお読みいただけます。
http://www.magazinegate.com/theworld/