【動画】久保建英、完璧クロスでリーガ初アシスト! マジョルカは反撃及ばず、直近4戦3敗目

写真拡大

マジョルカの日本代表MF久保建英がリーガ・エスパニョーラでの初アシストを記録した。

マジョルカは22日、リーガ・エスパニョーラ第5節でヘタフェと相まみえた。ここまで1勝1分け2敗のマジョルカが敵地に乗り込んだ一戦。前節のアスレティック・ビルバオ戦でPKを獲得するなど好パフォーマンスを見せた久保は、3試合連続のベンチスタートとなった。

マジョルカは7分、CKからイドリス・ババがクリアに失敗し、オウンゴールでヘタフェに先制を許してしまう。ビハインドを背負ったマジョルカは、19分にサルヴァ・セビージャとアブドゥル・ババが負傷で交代。この早い時間に出番が訪れた久保は右ウイングのポジションに入る。

2選手の交代後も相手の攻勢を抑えることができないマジョルカ。32分にもCKからサストレのファウルでPKを与えてしまうと、ホルヘ・モリーナにこれを決められて2点差とされる。チームが苦しむ中で久保も守備に追われる時間が長くなり、なかなか高い位置で仕掛ける場面をつくれず、前半を終える。

迎えた後半も劣勢となったマジョルカは、63分にまたしてもCKの流れからニオムに決められて、0-3とされる。しかし、マジョルカはここから反撃に転じる。まずは70分、右サイドの久保が切り返しから左足でクロス。完璧なボールを正面で合わせたブディミールのヘディングシュートが決まり、1点を返す。

これで勢いに乗ったマジョルカは続く77分、右サイドからのクロスを再びブディミールが決めて、1点差に迫る。しかし、84分にはカウンターからアンヘルにネットを揺らされ、2-4と再び2点差とされる。

結局、試合はそのまま終了。マジョルカは直近4試合で3敗目を喫した。なお、マジョルカは25日に行われる次節、強豪のアトレティコ・マドリーをホームに迎える。引き続き久保のパフォーマンスに注目が集まる。

【関連記事】
● DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
● DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
● DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
● 【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
● 【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
● Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です