マンUのジェイムズ photo/Getty Images

写真拡大

今季マンチェスター・ユナイテッドに加入して大ブレイクしている21歳の快速FWダニエル・ジェイムズ。昨季はプレミア・チャンピオンシップ(イングランド2部)のスウォンジーでプレイしていた選手なのだが、そのスピードと決定力がプレミアの舞台で通用することを早くも証明している。

ジェイムズにとっては快調なスタートだが、そんな大活躍の裏でかなり労力のかかるゲン担ぎをしているというのだ。英『Daily Mail』によると、それは散髪だ。ジェイムズは「幸運のヘアカット」を求めてわざわざスウォンジーまで通い続けているという。

昨季までスウォンジーでプレイしていたこともあり、スウォンジーにはジェイムズが唯一信頼するスタイリストがいる。マンチェスターからスウォンジーに通うには400マイルもの長旅になるが、ジェイムズは試合前にゲン担ぎとして通うこともあるようだ。

そのスタイリストはイギリスではなかなか知られた存在となっており、Instagramのフォロワー数も5000人はいるという。そんなカリスマ美容師に髪を切ってもらうことで、ジェイムズはメンタルを整えているのだろう。

ジェイムズの友人は、「彼は幸運のヘアカットを気に入っていて、ここまではそれが功を奏しているよね」と語っている。ルーティンとなっているスウォンジーでの散髪も好調の要因なのかもしれない。

●最新情報をtwitterで見よう!

twitterアカウント
https://twitter.com/theWORLD_JPN/