久保建英【写真:Getty Images】

写真拡大

 リーガ・エスパニョーラ第5節、ヘタフェ対マジョルカが現地時間22日に行われている。日本代表MF久保建英はベンチスタート。だが、前半18分に緊急出場し、70分にリーガ初アシストを記録した。

 0-3で迎えた70分、右サイドで受けた久保が中央にカットイン。左足でクロスを上げると、ブディミルがヘディングでゴール左に決めた。これで久保は、リーガ初アシストとなった。試合は現在も行われていて、久保の初ゴールにも期待がかかる。

 久保が得点すれば、当時カターニアに所属していたFW森本貴幸の18歳8カ月21日を更新する18歳3カ月18日での4大リーグ日本人最年少得点記録となる。

text by 編集部