韓国がISOの理事国に選出された=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国産業通商資源部の国家技術標準院は22日、国際標準化機構(ISO)の理事国に韓国が選出されたと伝えた。任期は2020年から3年。韓国が理事国を務めるのは1993年に初選出されて以来、7度目となる。

 20日まで南アフリカ共和国で開かれたISO総会で、韓国は任期満了に伴い交代する2カ国の理事国の枠を9カ国で争い、日本や中国、東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国の支持を集めて選出された。国家技術標準院の関係者は「近ごろの日本の輸出規制とは関係なしに、標準分野では日本とよく協力している」と説明した。

 ISOの理事国数は20で、米国と英国、ドイツ、フランス、日本、中国が常任理事国を務め、14カ国が総会で選出される。