ユニクロボトムスの新しいシルエットが楽しめるカーブパンツ。3種類も登場していてカラバリも豊富なのでつい迷ってしまいますよね。

写真拡大 (全7枚)

ユニクロの新シルエット、カーブパンツはどう選ぶ?

ユニクロボトムスの新しいシルエットが楽しめるカーブパンツ。プライスも3990円とお得なので、大きな話題になっていますよね。

ただ、カーブジーンズ、カーブパンツ、カーブジャージーパンツと3種類も登場していてカラバリも豊富なので、どれがいいのか迷ってしまうという声もよく聞かれます。

ここではカーブパンツについて、アラフォー女性におすすめなポイントをそれぞれご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね!

1. 高見えデニム! ワイドフィットカーブジーンズ


濃くしっとりとしたデニムの発色がきれいなワイドフィットカーブジーンズ。3990円には見えない色合いで思わず手に取ってみたくなる、高見え効果のあるデニムです。

生地にはしっかり厚手でヴィンテージ感たっぷりのコットン100%デニムを使用。ハリ感が強そうに見えるのですが、実際に足を入れてみるとはき心地がよく、硬めで動きにくいということもありません。

デニムのワイドパンツは、裾が広がるタイプだと袴っぽく見えて迫力が出てしまうし、かといって筒が太いストレートだとメンズっぽくなりすぎて、カジュアル感が強くなったり、足が太く短く見えてしまうというデメリットも。

また、プチプラのワイドデニムだと生地が薄いケースもあり、ウエストやヒップまわりなど隠したい場所のラインを拾ってしまうなど、アラフォー女性には少々選ぶのが難しいアイテムでもあります。

でも、カーブデニムはウエストのまわりはすっきり見せつつ、裾に向かってゆるやかなカーブを作ってくれるため、ヒップまわりや太ももの付け根、足首などアラフォー女性が気になるところをうまくカバーしてくれるというメリットが。

なかなかフィットするワイドデニムが見つからないという方には、ぜひ試してほしい一本です。

2. 品よくまとまるワイドフィットカーブパンツ


秋冬らしい発色やハリ感のある素材が魅力的な、ワイドフィットカーブパンツ。上品な光沢感を持つコットンサテン素材なので、カジュアルにもクリーンにも着こなせる、万能パンツです。

ジャンルとしてはきれいめのチノパンツのようなイメージ。大人の女性にはこの新鮮なカーブラインを生かした、ベーシックなトップスを合わせたシンプルコーデが人気です。

腰まわりも厚手でしっかりしているので、ウエスト周辺がしっかりホールドされ、お腹まわりをすっぽり包んでくれる安心感のあるはき心地。

ベルトループも太めなので、デザイン的にもハイウエスト感が目立たず、お腹をカバーしたい方にも一押し。今年トレンドのきざしを見せている、ベルトを使ったコーデにもぴったりです。

ブラックに加え、ベージュ、黄味の強いブラウン、赤味の強いダークブラウンなど、今っぽいトレンド感のあるカラバリも大人のおしゃれ心をくすぐります。

3. 楽チンおしゃれが叶うワイドフィットカーブジャージーパンツ


3種類のカーブパンツの中で、一番生地が柔らかいのはこのワイドフィットカーブジャージーパンツ。楽チンで、リラックスしてはけるワイドパンツをお探しの方には断然おすすめです。

綿とポリエステルの混合素材で、素肌にもしなやかに馴染むので、ワイドパンツでもハリ感が強すぎず、女性らしく着られるのもメリット。きれいめコーデがお好きな方にも人気です。

腰まわりにベルトループなどのディテールがなくすっきりしたデザインなので、はくとハイウエストが強調され、コーデのアクセントに。ジャージー素材ですが、ただ楽チンなだけではなく、後ろのヒップポケットも高めの位置にあり、スタイルアップ効果も期待できます。

黒、ベージュ、ブラウン、オフホワイトという色展開なので、太めのパンツでもメンズライクになりすぎずはくことができます。

ユニクロの新しいシルエットのカーブパンツ、ぜひトライしてみてくださいね!
(文:横瀬 真知子(レディースファッションガイド))