マギー

写真拡大

 モデルでタレントのマギーが、交際が伝えられていたK−1ファイターの武尊と破局していたことを、20日発売の写真誌「フライデー」(講談社)が報じた。

 マギーは昨年8月、武尊との熱愛が報じられていた。武尊がマギーの自宅に4連泊するなどしていたが、報道後の同10月、マギーは写真集の発売記念イベントに登場。武尊との交際について聞かれ、「ご想像にお任せします」と、笑顔で煙に巻いていた。

 同誌は、マギーが服飾関係の仕事をしているイケメン男性と深夜の公園で抱擁している姿を掲載。同誌を受けた各スポーツ紙によると、マギーの所属事務所は武尊と数か月前に破局したことを認め、原因は多忙によるすれ違いと説明。

 同誌に掲載された男性については、「友達の1人。交際はしていません」と恋愛関係を否定したというのだ。

 「以前は人気ハーフタレントの1人だったが、このところすっかり表舞台から姿を消してしまった。そうなったのも、マギー本人の不倫愛が発覚したからで、所属事務所は“火消し”に躍起。武尊との交際もイメージ回復のための“やらせ説”が流れていた」(芸能プロ関係者)

 マギーは17年1月、パンクバンド・Hi−STANDARDの横山健と不倫交際中であることが発覚。

 当時の記事によると、前年8月ごろから不倫愛がスタートしたそうで、車の中かマギーの自宅で逢瀬を重ねていたという。

 「芸能人として飛び抜けた実力があれば、そこまでダメージは受けなかったはずだが、特に実力もなく、続々とハーフタレントたちが台頭。わざわざマギーを使う理由はない」(芸能記者)

 事務所にとってマギーの“再生”が課題のようだが、本人はなかなかプライベートでおとなしくしていられないようだ。