ジル サンダー 2020年春夏コレクション - ミニマルとクラフト、対比から見る新の魅力

写真拡大

ジル サンダー(JIL SANDER)の2020年春夏ウィメンズコレクションが2019年9月18日(水)にイタリア・ミラノで発表された。

正反対のものから生まれる新しいハーモニー

ジル サンダーのクリーンでノーブルなクリエーションの中に、今季は、正反対のものを組み合わせた。かっちりとしたテーラードジャケットに、流れるラインのフェミニンなドレスをあわせる試みは今季のキースタイルのひとつとなっている。フォーマル定番のネイビーやグレーの厳格な印象は、サイケデリックなパターンで中和されている。

序盤に登場した極めてミニマルなアウターやボトムスは、ランウェイが進むごとにクラフトに溢れた表現を伴いだす。シャツは、とろけるように滑らかなシルクのロングドレスとなり、直線が重なる複雑なパターンで構成される。柔らかな光沢をもつリネンや躍動的なプリーツは、素材の遊びで個性的な魅力を放ちだした。

後半になると、まるでアートのような装飾が追加されていった。その中で、まずひとつ例を挙げるならダイナミックなラフィアの遊びだ。都会的なセットアップに加えられた、正反対ともいえる野性的なラフィアは、フリンジのように胸元や首元にあしらわれ、その素材の軽やかさから自由な動きを見せている。さっきまで“女性らしい”シルエットを築いていたロングドレスでさえ全く違うテイストとなった。

また、自然の風景を描くドローイングプリントや精緻な刺繍、クロシェレースの組み合わせも、洗練されたミニマリズムと重なり合い、穏やかな表情を浮かべている。終盤に登場した古典的なレースの装飾は、最初に見たセットアップと基本軸は同じなのに、荘厳な雰囲気も繊細な雰囲気も抱合していて、多様性に溢れている。

ジル サンダーのシグネチャーであるボックスバッグは、レザーやスエードの素材を用い、大小様々なサイズで展開している。クラッチバッグには丸い持ち手を施すことでオブジェのような雰囲気を醸し出した。そして夏らしいバスケットバッグは、六角形に裁断されたオフホワイトのレザーがパッチワークで配されており、クラッチバッグと同じくクラフト感を垣間見るアイテムとなっている。


[写真付きで読む]ジル サンダー 2020年春夏コレクション - ミニマルとクラフト、対比から見る新の魅力

外部サイト

  • アンテプリマ 2020年春夏コレクション - 心躍るリゾートタイム
  • アルベルタ フェレッティ 2020年春夏コレクション - “エレガンス”を身に纏う女性の日常
  • サポートサーフェス 2020年春夏コレクション - ブレることの無い“軸”のある服作りを