来年の東京五輪に向けて再びチームを強化するなでしこジャパン。カナダとの国際親善に臨む。(写真はフランス・ワールドカップのスコットランド戦のメンバー)(C)Getty Images

写真拡大

 日本サッカー協会は9月20日、カナダ女子代表との国際親善試合に臨むなでしこジャパンのメンバー24人を発表した。
 
 ラウンド16で敗退したフランス・ワールドカップが終わってから初の代表活動。高倉麻子監督は、「ワールドカップの負けによって、今まで積み重ねてきたものが良くなかったとネガティブになるのが一番嫌なこと。しかし、やれたことはいっぱいある。まず選手とともに自分のやっている方向が間違っていないことを確認して自信を持って試合に臨めるように、チームをまた作っていきたい」と、引き続き方向性を変えずにチームの強化を図るつもりだ。

 カナダ女子代表との試合は、10月6日の14:30、静岡のIAIスタジアム日本平にて開催予定。フランス・ワールドカップでは日本と同様、ラウンド16まで駒を進めている新興国で、高倉監督は「相手にとって不足はない」と語る。 

 またこの指揮官は「ワールドカップのメンバーと今回呼んだメンバーがベースになる」と、今後のチーム構成についても明かした。
 
 今回は、鮫島彩、熊谷紗希、岩渕真奈といったワールドカップメンバーに加え、そのワールドカップで落選した、2年連続なでしこリーグ得点王の田中美南が復帰した他、24歳の松原有沙、23歳の土光真代が二度目の招集を受ける。そして昨年のU-20ワールドカップの優勝したメンバーでは、宮川麻都、南萌華、宮澤ひなた、宝田沙織、遠藤純に加えて、今回はCBの高橋はなも抜擢されている。
 
カナダ戦に向けた招集メンバーは以下のとおり。
 
GK
池田咲紀子(浦和)
山下杏也加(ベレーザ)
平尾知佳(新潟L)
 
DF
鮫島 彩(INAC)
熊谷紗希(リヨン/FRA)
三宅史織(INAC)
土光真代(ベレーザ)
清水梨紗(ベレーザ)
宮川麻都(ベレーザ)
南 萌華(浦和L)
高橋はな(浦和L)
 
MF
中島依美(INAC)
松原有沙(ノジマステラ)
籾木結花(ベレーザ)
長谷川唯(ベレーザ)
杉田妃和(INAC)
三浦成美(ベレーザ)
宮澤ひなた(ベレーザ)
 
FW
菅沢優衣香(浦和L)
岩渕真奈(INAC)
田中美南(ベレーザ)
小林里歌子(ベレーザ)
宝田沙織(C大阪堺L)
遠藤 純(ベレーザ)
 
構成●サッカーダイジェスト編集部