埼玉・さいたま市見沼区の小学年生・進藤遼祐君(9)を殺害して逮捕された義父の進藤悠介容疑者(32)は、「『本当の親じゃない』と言われ、腹が立って首を絞めて殺した」と供述している。

近所の女性は「優しそうな若いお父さんとしか思っていませんでした。一緒に散歩とか買い物とか、普通の親子の感じでした」と話す。ただ、「今年になって、父親の姿を一度も見たことがない」と話す住民もいた。悠介は無職で、家にいることが多く、妻や遼祐君に負い目があったのだろうか。

複雑な動機

吉永みち子(作家)「(「本当の親じゃない」は)動機の一部と思われますが、こういう発言を遼祐君がなぜ口にしたのか。そこにいろんな事情が絡んでいるのかなと思いますね。本当にいたわしい」