画像提供:マイナビニュース

写真拡大

楽天と西友は9月19日、一般利用者からの注文を受け、神奈川県横須賀市内の「西友 リヴィンよこすか店」から港湾緑地「うみかぜ公園」へ自動走行ロボット(UGV:Unmanned Ground Vehicle)を活用して商品を配送するサービスを9月21日から10月27日まで実施すると発表した。

バーベキューやピクニックなどを目的に「うみかぜ公園」を訪れた一般利用客は、スマートフォンの専用アプリ「楽天ドローン」から、「西友 リヴィンよこすか店」で取り扱う、生鮮品を含む食材や飲料、救急用品など約400品目の商品を注文できる。

楽天の自動走行ロボットが、利用客により選択された時間および公園内の受け取り場所へ注文商品を配送する。

商品が到着するとアプリにプッシュ通知が届きく。通知に記載された暗証番号を自動走行ロボット後部のタッチパネルに入力することで、商品を受け取ることができる。

今回の取り組みは、楽天と西友が今年7月より横須賀沖の猿島に向けて行っているドローン商用配送サービスと同様に、横須賀市が推進するスマートモビリティ(賢い移動運搬手段)を活用した新規ビジネス創出や社会的課題解決を目指す「ヨコスカ×スマートモビリティ・チャレンジ」の一環。