画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ソフトバンクは9月19日、米NVIDIAと協業し、NVIDIAのクラウドゲーミングサービス「GeForce NOW」の日本版サービスとして、2019年冬からベータ版サービスを無料で提供すると発表した。

「GeForce NOW」は、NVIDIAが世界で展開するクラウドゲーミングサービス。ゲームをPlayする時に生じるデータ処理を「GeForce NOW」のサーバ側で行った上でストリーミング配信するため、高負荷な処理ができないパソコンやタブレット、スマートフォンなどデバイスの種類を問わずに、高性能な処理を要求するゲームを楽しめる。

現在、北米と欧州で「GeForce NOW」のベータ版サービスが提供されており、約500タイトルのゲームがサポートされている。

「GeForce NOW Powered by SoftBank」の正式サービス提供に向けて、クローズド・ベータテストが実施される。テストの参加者の募集期間は9月19日から11月下旬までで、人数は1万人。募集人数を上回った場合は抽選となる。参加にあたって、通信キャリアは問われず、ソフトバンクのサービスを契約中でない人も応募可能。