埼玉・さいたま市見沼区の小学4年生の進藤遼佑君(9)が殺害され、遺体が自宅近くのメーターボックス内から見つかった事件で、埼玉県警はきのう19日(2019年9月)、父親の進藤悠介容疑者(32)を死体遺棄の疑いで逮捕した。

悠介は遼佑君の母親(42)の再婚相手で、遼佑君と血縁関係はない。無職だった。事件発覚後は、捜索活動にも参加していた。きのう昼ごろから遺棄容疑について認める供述を始め、逮捕状を読み上げられると、「はい」と答えたという。動機について、読売新聞は「本当の親じゃないと言われて腹が立った。首を絞めて殺した」という供述内容を報じている。

虐待などのトラブル報告なし

遼佑君が通っていた市立大谷小学校の堺数太校長は、「ご両親のことについては、とくに子どもからは上がっていません。(家族関係のトラブルは)聞いていません」と話している。警察のこれまでの調べでも、虐待などのトラブルはなかったようだ。

堀尾正明キャスター「父親と母親と遼佑君の心の距離関係がどうだったのか。そのへんが見えてこないと真相には迫れません」

加藤シゲアキ(「NEWS」)「母親は、こういう危険性をどうとらえていたのかなと思いますね」

司会の真矢ミキ「母親は養護教諭です。人の心に寄り添うポジションにいたからこそ、悔しいですよね」