次期iPad Proは2020年3月? ToF式3Dカメラは噂通り搭載と韓国メディア報道
iPhone 11シリーズ発表後に多くの人が関心を抱いている、次期iPad Proのゆくえ。ここに来て「2020年3月に、3Dカメラを搭載して発売される」との噂が報じられています。韓国メディアThe Elecは匿名業界情報筋の話として、LG Innotekが2020年に次世代iPadおよびiPhoneにToF方式の3Dモジュールを供給する予定だと報道。そして3Dカメラ搭載版のiPad Proは3月に発売される見通しだと伝えています。

ToFとは、Time of Flightの略語。対象物に投射された光が反射されて戻ってくるまでの時間から距離を計測し、物体の形状や空間情報、および動きを認識する技術のことです。The Elecは、8月末にも同様の観測を報じ、3Dカメラに用いられる部品が年末に量産開始されると伝えていました。

次期iPad Proの背面カメラがiPhone 11シリーズと同様に強化されるとの予測は主流となっていますが、意見が割れているのは「いつ発売されるのか」という、時期に関するところです。米Bloombergのアップル情報に定評あるMark Gurman記者は1月に「2020年初頭に3Dセンサー搭載のiPad Proが発売」と述べていましたが、その後2019年内に発売と修正しています。

そしてアップル未発表製品の予測で知られるアナリストMing-Chi Kuo氏は「ToF方式の3Dカメラが2019年後半〜2020年の初頭にiPadに導入され、2020年後半にはiPhoneにも採用」と幅のある予測を発表。かたや海外でも信頼の高いMacお宝鑑定団Blogは2019年内発売説を唱え、最終設計のモックアップと称する写真を公開したSonny Dickson氏も10月発売を示唆していました。

そのように次期iPad Proの発売時期をめぐる見解は錯綜していますが、一方ではアップルが最新技術をiPhoneに先んじてiPadシリーズに投入した前例はあまりないこと。つまり年内の10月であれ翌年3月であれ、おそらく2020年秋に発売される次期iPhoneより先にToF方式3Dカメラを搭載するとは考えにくい事情もあります。

とはいえ、The ElecはiPhone 11のバッテリー容量が3110mAhになると正確に予測した実績もあるメディア。本当に「2020年3月にToF式の3Dカメラを搭載した新型iPad Pro」が登場する可能性もゼロではなさそうです。