食欲の秋、ハーゲンダッツから新作が続々登場しています。そこで注目の新作から3品を厳選して、そのおいしさをリポートします。

写真拡大 (全8枚)

食欲の秋、ハーゲンダッツから新作が続々登場しています。そこで注目の新作から3品を厳選して、そのおいしさをリポートします。

ほっこり感がたまらない『紫イモのタルトレット』

まずはカラフルな見た目だけでテンションが上がる「紫イモのタルトレット」から。秋は芋・栗・かぼちゃを食べないと始まらない!という人も多いですよね(もちろん私も)。

そんな乙女心を知っているかのように8月20日に発売されたのが、紫イモのタルトレットをイメージしたクリスピーサンドです。

見た目だけで秋感が満載の紫イモのウエハースは、実はハーゲンダッツ初挑戦。そして側面に見えるホワイトチョコレートのコーティングも、優しい紫色で統一されています。この色の組み合わせがかわいすぎて、割ってしまうのをためらうくらいです(一瞬ですけどね)。

▼中は濃厚なカスタードアイスと紫イモのソース
さてウエハースをパリッと割った中身は、卵のコクを感じる濃厚なカスタードアイスクリーム。その中に紫イモの風味とやさしい甘みを感じる色あざやかなソースが入っています。

どの素材も強く主張することはなく、だからこそ味わえる一体感。お芋本来の甘さを生かした、ほどよい甘さが嬉しい一品です。

濃厚で芳醇! 『デセールバー ショコラバナナクロッカン』


次におすすめしたいのが、9月3日に発売された「デセールバー ショコラバナナクロッカン」。パティスリーで人気のチョコレートとバナナのデセール“ショコラバナナクロッカン”をイメージして作られたとのこと。

内心(デセールって? クロッカンって何?)と思いますが、バナナとチョコレートの組み合わせというだけで、絶対おいしいという確信が持てます。

▼焦がしバナナで大人の味
ベルギー産のクーベルチュールチョコレートを使用したミルクチョコレートアイスクリームの中には、完熟バナナをソテーしたような焦がしバナナソースが入っています。

一口食べて、私が思っていたチョコレートとバナナの組み合わせがいかに幼稚だったかを思わせるほど濃厚で芳醇で、そして大人な味でした。特に焦がしバナナの香りが口いっぱいに広がり、幸せな気分に包まれます。

コーティングにはザクザクとした歯ごたえが楽しいクロッカンクッキーがたっぷり。アイスというよりケーキを食べたような満足感があります。

待望の “華もち”シリーズの新作は、驚きの『ずんだ』


そして最後は、東北のずんだもちをイメージした『ずんだ』。2015年と2017年の発売時は人気のあまり入荷待ち状態だった華もちシリーズに、9月17日、待望の新作が2つ同時に登場しました。

1つは以前も大ヒットした「きなこ黒みつ」をさらに美味しく進化させた「吟選きなこ黒みつ」、そしてもう1つが「ずんだ」です。

▼もちの上には、つぶつぶ感を残したずんだあん
ずんだもちは個人的には大好きですが、好き嫌いが別れる和菓子という感覚だったので、どんな味になるか楽しみでした。

フタを開けると、柔らかそうなおもちの上に、枝豆をつぶしたキレイな色のずんだあんが乗っています。

ずんだの素材となる枝豆は風味の強い茶豆を使っているとのことで、上品な甘さと香り。柔らかいおもち、アイスクリーム、ずんだあんのバランスの良さは、さすがハーゲンダッツといった感じです。

▼アイスクリームの中にも口あたりの良いずんだソースが!
なんとアイスクリームの中にもずんだソースが入っていました。こちらは少し色が濃厚で、絶妙な塩加減でアイスクリームにマッチしています。これはずんだもちが苦手という人にこそ、試してほしい一品です。

どれも絶対に期待を裏切らないハーゲンダッツ。秋本番になる10月にも新作が登場するようなので、食欲の秋はさらに加速しそうですね。

DATA
ハーゲンダッツ
・紫イモのタルトレット 8月20日発売(期間限定商品)
・デセールバー ショコラバナナクロッカン 9月3日発売(期間限定商品)
・華もち ずんだ 9月17日発売(期間限定商品)
(文:鴨西 玲佳(プチプラ・100均インテリアガイド))