10月1日から消費税が8%から10%へと増税されます。たかが2%ですが、高価なものを買うときは大きな差に!そこで、増税直前のこの時期に、アラサーガールが買っておくべきものをファイナンシャルプランナーの山本麗子さんにお伺いしました!

【詳細】他の写真はこちら

■高級ブランド品は買うと決めているもの限定!





増税になるからと慌てて購入するのはダメ!



数十万円するものだとかなり値段が変わるので、高級ブランドのバッグや財布を買おうと思っている人も多いのでは?長年ほしいと思っているものがあったり、次のボーナスで買おうと思っているものなら購入してもいいかもしれませんが、「消費税が上がるから安いうちに何か買っておきたい!」という理由だけで焦ってお店に駆け込むのはやめましょう。あまり使わないものを買ってしまい、ムダ遣いになってしまうことも。免税店で購入すれば、消費税の2%以上におトクに買うことも可能です。まずは自分が本当にほしいものかどうかを冷静に判断して!

■愛用しているデパコスは買ってソンはなし!





価格変動するドラックコスメは駆け込み購入を控えて



デパートなどで販売されているブランドの化粧品を愛用しているなら、増税前に購入する方が断然おトク!特に、トレンドなどに左右されないスキンケアアイテムやマスカラ、アイライナーなどは、買いだめしてもいいでしょう。

 

ただし、ドラッグストアで販売されているものは、セールで本体価格が消費税以上に割引されて増税前より安くなることもあります。慌てて買う必要はないかもしれません。

■秋物の新作服は増税前に買ってもOK





本当に気に入ったものだけ購入して



おしゃれが大好きなアラサーガールなら、シーズン毎に新しい服を購入したくなりますよね。秋物を買うと決めているのであれば、増税前に買ってしまう方がいいでしょう。ただし、自分に似合うか、着回しができるかをちゃんと見極めて。せっかくおトクに買っても、タンスの肥やしになってしまったら、結局はソンしてしまいます。

また、洋服は店頭やネット通販ではなくフリマでおトクに買うという賢いアラサーガールもいるかもしれません。実はフリマやオークションなどは趣味の範囲内であれば個人間売買になるため、消費税がかかりません。フリマアプリ「メルカリ」などで購入を考えている人は焦らなくても大丈夫です!

■食料品の買いだめはする必要なし!





食料品は軽減税率対象です!



増税前に!と急いで日持ちのする、レトルト食品やカップ麺、水を買いだめしていませんか?食料品は軽減税率が適用されるため、10月1日以降も税率は8%のまま。買いだめする必要はまったくありません!

 

ビールやワインなどのお酒は増税対象になるので、買っておいてもいいでしょう。ただし、まとめ買いをしたことで飲みすぎてしまう可能性もあるので、消費ペースや予算に合わせて購入しましょう。また、ドッグフードも増税対象なので、もしペットを買っている人がいたら、少し多めに買っておくのがおすすめです。

■日用雑貨は焦って買わなくても大丈夫!





特売日に増税前より安くなる可能性も!



トイレットペーパーや洗剤などの日用雑貨は、絶対に使うものだし腐ることもないので、増税前に買いだめしておいてもいいように思えますが、そこまで焦って買う必要はなさそう。増税後でも、特売日に増税前の価格より安く買えることもあります。

 

もちろん、使うものなので購入しておいてもいいのですが、買いすぎると収納スペースがいっぱいになり、それがストレスになることも。スペース問題をクリアすれば、購入しておいてもいいかもしれません。

■値崩れしにくい白物家電なら購入を検討して





黒物家電は値崩れしやすいから要注意!



増税前に、値段が高い家電の買い替えを検討している人も多いのでは?ただし、家電によっては値崩れが激しく、最新型が出ると旧型が型落ちして一気に安くなることも。もし買い替えるなら、値崩れをあまりしない、冷蔵庫や洗濯機などの白物家電がいいでしょう。パソコンやテレビなどの黒物家電は、値崩れしやすいので慌てて買い替える必要はないかもしれません。

 

スマートホンの機種変更を考えているなら、9月中に契約しておけば分割払いにしたとしても8%が適用されます。そろそろ新しい機種に変更したいと思っている人は、急いだ方がいいでしょう。ただし、パケット代や通話料に関しては、10月1日から10%になるので注意してください。

■ヘアサロンやネイルサロンは9月中に駆け込んで!





9月の最終週は自分磨き週間にしてもいいかも



「そろそろヘアサロンに行かなくては」「ネイルがはげてきた」という人は、9月中にサロンに行っておくと、ちょっとおトクになります。定期的に行って受けているサービスがあれば、増税前に行ってしまいましょう!

 

もし脱毛サロンやエステに通っているのなら、9月中に新しい契約を結んだり、回数券を買うのもおすすめ。歯のホワイトニングや美容皮膚科での施術など、自由診療になるものは消費税がかかるので、9月中に受けておきましょう。ただし、風邪をひいて通院するなど健康保険が適用される場合の医療費は、非課税になります。

■習い事の契約も9月中にすませて





レッスン料の支払いや契約は9月中に!



生け花や料理、着付けなどの習い事をしている人は、9月中に翌月の支払いをすませたり、回数券を買う、新しい契約を結ぶなど、支払いをすませてしまうのが得策です!

■定期券や国内線チケットは買っておいて間違いなし!





引っ越しがなければ定期は12カ月分買ってもOK



定期券を利用している人は、9月中に購入するのがおすすめ。引っ越しや転職をする予定がない人は、1年分購入してもいいでしょう。でも、落としたり、紛失しないように気をつけて!

 

帰省や出張で頻繁に同じ場所に行く人は、回数券を購入するのもいいでしょう。ただし、使用期限には注意してください。

 

飛行機の国内線を利用して旅行に行く予定がある場合、9月中に飛行機のチケットを購入しておくのもおすすめ。ただし、国際線に関しては日本国内の税金は関係ないので、急いて買う必要はありません。

■結婚を考えている人は駆け込みする方が断然おトク!





後悔のないようにしっかり見極めることを忘れずに!



もし、結婚する予定があるのなら、9月中に結婚指輪を購入したり、結婚式場の契約をする方がいいでしょう。結婚指輪や結婚式の費用は、多くの場合、数百万円規模になることも。もしトータルで500万円かかる場合、増税前後で10万円も差が出てきます!

 

ただし、すでにほしい指輪が決まっていたり、ある程度結婚式場を下見して、選択肢が絞られている場合に限ります。焦って「この指輪でいいか」「この結婚式場でいいか」と決めてしまうと、あとで後悔することにもなりかねません。一生に1度のことなので、しっかり見極めてから決めてください!

結論!



■値崩れしにくく、日持ちがして、絶対使うものなら買ってもOK!





ポイント還元制度もあるのであまり焦る必要はありません!



もし購入するかどうかを迷ったら、値崩れしにくいものか、日持ちのするものや賞味期限内に使えるか、絶対に使うものかをよく考えて。それでも迷ってしまったら、買いたいものを書き出して、リスト化してみるのもよいでしょう。本当にほしいものなのかどうか、増税前と後、どっちで買った方がおトクなのかどうか、考えてみてください。

 

また、今回の増税はこれまでと違い、加盟店でキャッシュレス決済をすると、2%もしくは5%がポイントやキャッシュバックで還元される制度も用意されています。この制度を賢く利用すれば、増税前と同じ価格で買い物できたり、場合によってはおトクになることも!また、増税後の消費の落ち込みを防ぐため、企業が独自にキャンペーンをしたり、セールをする可能性もあります。ただ、実際に10月1日にならないとわからないことが多いのも事実です。

 

ポイントや割引につい目が行きがちですが、あれもこれもと駆け込んで買いすぎると、予想以上に翌月のカードの支払いが大変なことになってしまう可能性も!予算を決めて買い物することが大事です。

お話をお伺いした人



ファイナンシャルプランナー 山本麗子さん



お金の教養が身につく総合マネースクール「ファイナンシャルアカデミー」の講師。ファイナンシャルプランナー時代に、お金と上手につき合う本当の方法があまりにも知られていないと実感し、講師に。楽しく学んで1日でも早く正しいお金との向き合い方を知ってほしいという気持ちから、実体験を交えて授業を行う。

取材・文/水浦裕美