画像提供:マイナビニュース

写真拡大

SAPジャパンは9月19日、同社製品の導入プロジェクトを支援するサービス「premium engagements」を刷新し、本格提供を開始した。premium engagementsは、顧客とパートナーシップを構築し、同社製品の導入プロジェクトに対しアドバイスなどの技術的支援を提供するサービス。

今回、刷新されたのは大企業向けの「SAP MaxAttention」、中堅企業向けの「SAP ActiveAttention」、SAP S/4HANAおよびSAP BW/4HANAの導入プロジェクトを支援する「SAP Value Assurance」の3つのサービス。

刷新のポイントは「クラウドへの対応」「デジタル・トランスフォーメーションへの対応」「契約形態の変更」の3点だ。

これまで、premium engagementsの対象はオンプレミス製品のみだったが、今回、クラウドサービス、ハイブリッドクラウドまで拡大した。また、SAP MaxAttentionとSAP ActiveAttentionは、これまで導入プロジェクトの実行から運用までを支援対象としていたが、対象範囲を拡大し、導入における計画段階からプロジェクトの準備、導入、運用まで、エンド・ツー・エンドで支援するようになった。

SAP MaxAttentionとSAP ActiveAttentionでは10のパッケージサービス群を提供するが、それらのうち5つが新規のサービスとして加わった。

クラウドサービスおよびハイブリッドクラウドに対応するために、「エンド・ツー・エンドハイブリッドオペレーション」「サイバーセキュリティとコンプライアンス」「PaaSとDevOps」が追加された。

準備のフェーズについては、テンプレートをベースにプロセス設計を支援する「Co-design」が付加された。継続的改善のフェーズについては、デザインシンキングやプロトタイピングを活用してイノベーションの実現を支援する「イノベーションサービス」が追加された。

一方、SAP Value AssuranceはこれまでSAP MaxAttetionの一部として提供されていたが、SAP S/4HANA/SAP BW/4HANAの導入に特化したサービスのみを個別契約として提供できるようになった。

SAP Value Assuranceでは、新機能の情報や活用方法をアドバイスすることで、ソリューションの最大活用を促進するとともに、プロセスの標準化と改善の促進、プロジェクトリスクの低減を支援する。

premium engagementsによる支援は、顧客のためのプランの立案・実行を統括してサービスの品質を管理するテクニカル・クオリティ・マネージャー、各種技術支援のためのサービスとその実行エキスパートにより提供される。加えて、専用のバックオフィスとして、ミッション・コントロール・センターが設置される。