3年ぶり優勝狙う鹿島に痛手…三竿健斗がハムストリング負傷で6週間の離脱

写真拡大

鹿島アントラーズは19日、MF三竿健斗が6週間にわたって離脱することを発表した。

三竿は、14日に行われた明治安田生命J1リーグ第26節、天王山のFC東京戦で先発するも、81分に交代。チームドクターによる検査の結果、左ハムストリングの筋肉を損傷しており、約6週間の治療期間を要することが発表された。

三竿は今季ここまで、J1で25試合に出場。第9節からは、18試合連続で先発出場していた。鹿島は18日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝第2戦で広州恒大と対戦し、1-1で引き分け。2戦合計スコアで並んだものの、アウェーゴール差で敗退した。3年ぶりのJ1優勝に照準をあわせるチームだが、三竿の離脱は大きな痛手となる。

なお、鹿島は今後、25日に天皇杯4回戦で横浜F・マリノスとホームで対戦したのち、28日に行われる次節では北海道コンサドーレ札幌をホームに迎える。

【関連記事】
● DAZNを使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
● DAZNが「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
● DAZNの2019年用・最新取扱説明書→こちらへ ┃料金体系→こちらへ ※
● 【簡単!】DAZNの解約・退会・再加入(一時停止)の方法を解説 ※
● 【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
● Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
「※」は提携サイト『 Sporting News』の提供記事です