停泊船から遺体が見つかった事件を殺人と断定 胸や腹に多数の刺し傷

ざっくり言うと

  • 千葉県の銚子マリーナに停泊していた船から性別不明の遺体が見つかった事件
  • 司法解剖の結果、遺体は30代〜50代で身長157cm程の女性だと判明したという
  • 女性の胸や腹には多数の刺し傷があり、死後数カ月〜1年程経過していたそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング