旦那からすると悪気はないのかもしれませんが、食事中の無神経な一言にカチンとくるときってありますよね。「もう旦那に夕飯を作りたくなくなった」と、料理へのモチベーションが下がることも。
そこで今回は「旦那から言われてカチンときた食事中のセリフ」についてご紹介します。

1. 「またこれ?」

「私がテーブルに並べたおかずを見て『またこれ?』と言った旦那。私だって仕事から帰ってきて急いで作ってるんだから文句言わないでほしい」(30代/事務)

▽ 一生懸命作ったのに、「またこれ?」と言われると、すべてのやる気が失せますよね。「そう思うなら自分で何か作るか、好きなものを買ってくればいいのに」と思います。夕飯のレパートリーを考えること自体、大変だってことをわかってほしいですよね。

2. 「これちゃんと洗ってるの?」

「グラスをまじまじと見て『……これちゃんと洗ってる?』と言ってきたこと!『洗ってるよ』と返しても『でもここよく見てよ、なんか汚れてない?』とグチグチ。気になるなら自分で洗えばいいのに、本当に面倒くさい」(30代/パート)

▽ 遠回しに家事を批判されているようでイラっとしますよね。毎日忙しいのですから、何事も完璧にはできません。それなのに口だけ出されても困ってしまいます。汚れが気になるなら洗い物は手伝うなど、行動に移してほしいですよね。

3. 「普通にうまいよ」

「私が『おいしい?』と聞いたら『うん、普通にうまいよ』と言われた。普通って何?『おいしい』だけでいいじゃん!」(20代/経理)

▽ 「“普通に”おいしい」と言われても、あまり褒められた気にはならないですよね……。「普通なの? それともおいしいの?」と疑問に思ってしまいます。旦那さんも照れ隠しなのかもしれませんが、頑張って料理を作った身からすると、ここはちゃんと褒めてほしいものです。

4. 「おかずこれだけ?」

「『おかずこれだけ?』って言われると腹が立つ。まるで私が手抜きしているみたいな言い方……」(20代/アパレル)

▽ そりゃおかずが何品もある夕飯を目指したいですけど、現実は時間もお金もかかるし難しいですよね。
しかも気合いを入れて作った日に限って、「今日は夕飯いらない」なんて連絡が来るし……。こちらも「食べたいものは自分で作って」と思ってしまいます。

5. 「骨があって食べづらい」

「魚や手羽先を出すと『骨があって食べづらい』という旦那。だから何なんだ! それくらい自分で取って食べてよ!」(30代/主婦)

▽ 栄養のバランスを考えて、肉や魚を出すこともあります。そこで骨がついていると「食べづらい」と文句を言ってくる旦那さんも。
子どもじゃないんだからそれくらい自分で何とかしてよと思いますよね。「もしかしていままでお母さんに取ってもらっていたの……?」と勘ぐってしまいます。