EA SPORTS『FIFA 20』体験版が配信中!新モード「VOLTA Football」の体験が可能

写真拡大

9月10日、サッカーゲーム界の2枚看板の1つ、EA SPORTSのFIFA次回作『FIFA 20』の体験版がリリースされた。『FIFA 20』の製品版は9月27日の発売予定となっている。

一人称のストーリー形式で進行する「The Journey」は、一人の選手がスーパースターへと駆け上がる成長物語を追体験できるモードであり、ビジュアルの美しさと高いストーリー性からユーザーに人気のコンテンツだった。

しかしながら、『FIFA 19』で「The Journey」はファイナルを迎え、「The Journey」に替わる新機軸が求められていた。これに対する、EA SPORTS社からユーザーへの回答が、新搭載されるモード「VOLTA Football」である。「VOLTA Football」とは、ストリートサッカー形式のモードである。

以下、体験版の詳細を見ていくことにする。

■キックオフ

キックオフのモードでは、UEFA Champions Leagueグループステージを体験することができる。選択可能なクラブは、チェルシー、リバプール、トッテナム・ホットスパー、ドルトムント、パリ・サンジェルマン、レアル・マドリードの6つ。選択可能なスタジアムは、Stamford Bridge、Tottenham Hotspur Stadium、Estadio Santiago Bernabeuの3つ。

このモードは、11人制のリアルサッカーを再現したもの。FIFAシリーズは年々進化を続け、操作方法も刷新されているため、その操作方法の変化を確認することができる。

■新搭載「VOLTA Football」

◇シンプルなルール
VOLTA FOOTBALLでは、選手の交代、オフサイド、負傷、イエロー/レッドカードもなければ、疲労やスタミナの概念すら存在しません。これは、ゲームをより気軽にプレイしやすく、楽しく流れるように進行できるようにするためです。

◇試合形式
試合には、スモールサイドならではの複数の形式があります。各形式には様々な異なる要素が含まれ、11対11の従来のゲームでは経験したことのない多彩な環境を作り出しています。これらの試合ではそれぞれAIによるフォーメーションやローテーションも異なり、プレイヤーは自分なりの戦略を駆使してプレイできます。

ラッシュキーパー:3対3または4対4でプレイ可能なラッシュは、ゴールキーパーなし、スモールゴールのストリートモードです。プレイヤーは全員がシュートからブロックまで全ての役割をこなすことになります。

キーパーありのストリート:4対4または5対5でプレイ可能な、ゴールキーパーあり、フットサルサイズのゴールを使ったストリートモードです。ゴールキーパーがいるのでディフェンスが安定します。また、ストリートならではのルールや性質も楽しめます。

フットサル:よりリアルなルールがあり、審判がいる5対5のゲームです。オーセンティックなルールで試合を楽しめます。使用できるフォーメーションは5対5のキーパーありストリートと同じです。

引用:EA公式サイト

VOLTA Footballは、3対3・4対4・5対5などで対決するストリートサッカーのモード。体験版では、壁ありのゲームプレイを体験できる。壁ありは、VOLTA FOOTBALLならではのゲーム体験であり、壁を利用したプレイは斬新で面白い。また、まるでギャングが跋扈していそうな、“This is Street”な場所で試合が行われるのだが、そのディティールが非常に細かく、すぐにその世界観へと没入してしまう完成度である。

■『FIFA 20』 VOLTA公式ゲームプレイトレーラー

■関連リンク

EA SPORTS『FIFA 20』公式サイト

(文●fanatic wilkinson’s)
(編集●VAMOLA eFootball News編集部)