韓流“婚活”時代劇、『コッパダン』が早くも大人気。「この秋最高の注目株だ! 」

写真拡大 (全2枚)

去る9月16日から放送がスタートした韓国JTBCの新ドラマ、『朝鮮婚談工作所コッパダン』(原題)が早くも話題だ。豪華俳優陣が贈る新感覚の“ラブコメ時代劇”は、たった2度の放送で視聴者の心を鷲掴みにした。

(関連記事:秋の韓ドラは“婚活時代劇”に注目! 『朝鮮婚談工作所コッパダン』が早くも話題

『朝鮮婚談工作所コッパダン』がスタートから熱い支持を得た要因は、なんといっても個性あふれるキャラクターたち。3人の美男子によるプロ結婚仲介集団が繰り広げる“婚活物語”という新鮮なテーマだけでなく、登場人物たちの多彩な魅力が一気に視聴者を引き付けたのだ。

慈悲深さと冷徹さを併せ持つ、コッパダンを代表する縁談コンサルタントのマ・フン(キム・ミンジェ)、男性顔負けの生活力と精神力を持つ勝気なヒロインのケトンイ(コ・スンヨン)、ケトンイに初恋をした礼節とモラルを重んじる王イ・ス(ソ・ジフン)。3人が織りなす不思議な三角関係はもちろん、彼らの婚活プロジェクトをサポートする者たちにも注目したい。

(写真提供=JTBC)

「朝鮮最高のファッショニスタ」と称され、愛くるしいビジュアルと並みならぬ美的感覚でコッパダンのイメージコンサルタントを担当するのは、元Wanna Oneのパク・ジフン演じるコ・ヨンス。そして、モデル出身俳優ピョン・ウソク演じる、ありとあらゆるネットワークを駆使するコッパダンの情報屋ト・ジュン。主要キャラクターの活躍に確かな花を添える2人に対する反響は早くも大きい。

“ラブコメ時代劇”という突飛なジャンルに尽きず、時代劇ならではの王道シーンも忘れなかったのが『朝鮮婚談工作所コッパダン』が反響を得たもう一つの要因だろう。

先代の王や世子の死、大臣たちの政治的な争いといった朝鮮王朝特有の緊張感に満ちた局面を放送開始直後から見せ、時代劇ファンの心を捉えることにも余念がなかった。

ラブロマンスとコメディ、そして王道時代劇のバランスが見事に調和した新感覚ドラマ『朝鮮婚談工作所コッパダン』がこれからどのような展開で視聴者を楽しませるのか。期待は膨らむばかりだ。

『朝鮮婚談工作所コッパダン』は、韓国JTBCで毎週月・火曜日の午後9時30分に放送されている。