画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ロジクールは9月18日、同社製マウスのフラッグシップモデル「MX MASTER 3」(MX2200)を国内発表しました。ドイツで開催した国際コンシューマーエレクトロニクス展「IFA」で披露された新マウスで、2017年6月に発売した「MX MASTER 2S」から約2年ぶりに登場する製品になります。MX MASTER 3はホイール機構に新たに電磁石を内蔵した「MagSpeedホイール」が最大の特徴。本体のデザイン・機能もブラッシュアップされました。

日本での発売日は9月27日。価格はオープンで、直販価格は税別13,500円です。

同社はMX MASTER 3の発表にあたり、スイス・ローザンヌの開発拠点「Logitech International」で説明会を開催。同社フラッグシップマウスの特徴である高速スクロールは、2006年国内発表の「MX レボリューション」(MX-R)で初めて搭載されたのち、改善を続けてMXシリーズのマウスにマウントされてきましたが、今回発表されたMX MASTER 3では、このスクロール機構を「再発明」したとアピールしました。

ターゲットはエンジニアやクリエイター、アナリストなど四六時中ヘビーにPC・マウスを使っている人々。開発にあたっては実際にMX MASTER 2Sを使っていた人からの話を聞くなどして、「何を前モデルから引き継いで、何を改善すべきか」を検討して新製品の機能を詰めていったといいます。

○電磁石をホイールに内蔵した新機構

MX MASTER 3で最も大きく変わったのはホイール部分。従来のMX MASTER 2Sでは、ホイール内部にモーターと歯車を備え、物理的な接点をもってラチェットモードのカチカチ感を出していました。

MX MASTER 3では、ホイール内に2個の電磁石を内蔵。それぞれに磁場を発生させてクリック感を出す構造「MagSpeedホイール」になりました。これまでと異なりホイール内部に物理的な接点はありません。「静かで正確。磁気センシング技術により、正確なトラッキングと計量的なスクローリングが行える」としています。

ホイール構造は刷新したものの、機能は従来モデルを引き継ぎます。加速度センサーを備え、スクロール速度を判別。スクロール速度が遅めであれば、カチカチ感のあるラチェットモード(クリック・トゥ・クリック)、速ければカチカチ感なく滑らかにホイールが高速回転するフリースピンモード(高速スクロール)に、自動で切り替わります。

MagSpeed構造の採用で、この切り替わりが従来よりスムーズになり、回す際のカチカチ感もより滑らかで柔らかい感触になりました。MX MASTER 2Sを使っていた筆者からすると、MX MASTER 3は「カチカチ」という感覚より「スルスル」という感じに近く、ぜひ店頭で触ってみてほしいところです。そのぶん、ラチェットモード時の音は小さくなっている(ほとんど聞こえないレベル)ので、静音を好む人にはよりよい選択になりそうです。また、MX MASTER 2Sでフリースピンを止めるときに感じていた、歯車が「コクッ」と急停止する感じもなくなりました。

「MX MSATER 2Sはディーゼルエンジンの自動車だが、MX MASTER 3は電気自動車のようだ」――同社は説明会で、スクロール構造の違いをこう紹介しました。ホイールの素材も、従来のアルミニウムから、2倍重いというステンレス鋼に変更。スクロール時に高い精度と(重さによる)適度な慣性を実現したといいます。

○デザインが改善、より握りやすい形状に

MX MASTER 3は本体のデザインも一新されました。まず手のひらをかぶせる部分、本体後方(おしり部分)がMX MASTER 2Sより盛り上がった形に変更。同社の縦長マウス「MX Vertical」とデザイン的に似た盛り上がりで、開発は最初に粘土で手に馴染む全体像をつくったあと、3Dスキャンを繰り返して仕上げていき、「より快適な手触りになった」といいます。

○親指エリアが拡大、ホイールやボタンは独立

親指エリアは大きく変更。親指ボタン(デフォルトでは進む/戻るボタン)は、MX MASTER 2Sでは隣り合っていたところ、前後に分離して配置し、親指で触っただけでわかる押しやすいデザインになりました。改善の理由として、従来モデルのユーザーから「押しにくい」「見えにくい」などの声が上がっていたといいます。

また、サムホイールは親指ボタンから独立し、同ボタンの上に配置。かつ大型化し、より回しやすくなりました。電源ボタンは、MX MASTER 2Sでは親指エリアの先についていましたが、MX MASTER 3ではサムホイール右側、親指で隠れない位置に変更されました。ちなみに親指ホイールの素材はアルミニウムです。

親指下に広がったジェスチャーボタンもMX MASTER 2Sから引き継いでいます。ボタン部分に小さな突起を設け、これまでわかりにくかったボタンの存在を、視覚的・触覚的にアピールするデザインになりました。

○アプリ固有のプリセットを自動で割り当て

親指ホイールと親指ボタンはこれまでも、水平スクロール/アプリケーション切り替え/ズームイン・アウト/Webページの進む・戻るなどの機能割り当てができましたが、MX MASTER 3はこの部分も進化。使っているアプリによって、最適な機能が自動で割り当てられるようになりました。

例えば、親指ボタンは、Webサイト閲覧時は戻る/進むボタンですが、Adobe Photoshop CCではUNDO/REDOになります。また、親指ホイールはデフォルトでは水平スクロールですが、Word使用時はズーム機能になり、Photoshop使用時はブラシサイズの変更になります。割り当てられる機能は、同社が「このアプリではこの割り当てが使いやすいだろう」と判断したいわばプリセットで、より効率的な仕事をする目的で搭載されました。

同様の機能は、同社が2017年8月に発表したダイヤル付きキーボード「CRAFT」で実現されていました。CRAFTには、使用アプリに応じてダイヤル操作の内容が自動的に変わる機能があり(例えばPhotoshop CCでは輝度調節やブラシサイズの変更、Officeでは文字サイズの拡大縮小など)、これをMX MASTER 3にも応用した形になります。

同社は対応アプリを今後増やしていきたいとしていますが、もちろん、ユーザーが任意の機能を割り当てることもできます。

このほか、1台のMX MASTER 3で同じLAN内の3台までのPCをシームレスに操作できる「FLOW」や、接続先デバイスを簡単に切り替えられる「Easy-Switch」なども引き続き搭載しています。

○充電インタフェースはUSB Type-Cに

本体のインタフェースは、従来のmicroUSBからUSB Type-Cになりました(これはうれしい!)。「ほかの機器との接続性を考慮し、現在主流になってきたType-Cを採用した」とのこと。バッテリ駆動時間は最大70時間で、フル充電までの時間は約2時間。同時発表の新キーボード「MX KEYS」もType-C接続を採用しています。

センサーは同社独自のDarkfieldセンサー。解像度は4,000dpi。ボタン数は7で、チルト機能は非搭載(親指スクロールに水平スクロールを割り当て可能)。

接続はBluetoothとUnifying USBドングルの2つ。OSはWindows、Mac、Linuxに対応します。本体サイズはH51×W84.3×L124.9mm、重さは141g。同梱のUSBレシーバーはH18.4×W14.4×L6.6mm、重さは2g。

MX MASTER 3は順当な進化を遂げたフラッグシップマウスとなりました。特にボタンが押しにくかった親指周りのエリア改善は、MX MASTER 2Sユーザーからすると特にうれしいポイント。また、注目のホイール部分は劇的に変更されており、より軽い力でスクロールできるようになっています。本体デザインも、MX MASTER 2Sよりも手に馴染む印象でした。