沖縄の南で明日にも台風発生見込み三連休は大荒れのおそれ

2019/09/18 14:10 ウェザーニュース

気象庁によると、沖縄の南にある熱帯低気圧が今後24時間以内に台風に発達する可能性があります。この熱帯低気圧の影響で、沖縄では明後日20日(金)から22日(日)にかけて、西日本では22日(日)から23日(月)にかけて、大荒れの天気となるおそれがあります。

北上して西日本に近づく可能性

この熱帯低気圧は現在の中心の位置がはっきりしていないことなどから、今後の予測が難しくなっています。世界各国の気象機関が計算したシミュレーション結果を比較すると、まだ正確な進路を特定するのは難しいものの、沖縄付近から東シナ海方面へ北上することを示唆するものが多くなっています。これらの進路を進んだ場合、22日(日)から23日(月)にかけて西日本に近づくことが予想されます。

三連休明けにかけ全国的に雨

沖縄付近では明後日20日(金)から22日(日)にかけて大荒れとなる事が予想されます。大雨や暴風に警戒してください。また、この熱帯低気圧や北上する秋雨前線の影響などの影響で、西日本では21日(土)から23日(月)にかけて、北日本では23日(月)から24日(火)にかけて、それぞれ大雨となるおそれがあります。特に九州北部や西日本の太平洋側、北陸などで雨量がかさむおそれがあります。台風となった場合は、進路に近いとみられる九州北部では暴風のおそれもあります。今後の情報に注意し、三連休の予定を調整するなどの対応をご検討ください。