中部空港(愛知県常滑市)の公式ツイッターが17日に約10時間凍結され、更新ができなくなっていたことが18日、中部国際空港会社への取材で分かった。アカウント設定の誕生日欄に開港記念日の2005年2月17日と入力したため、13歳以上でなければツイッターを開設できないとするツイッター社の利用規約に抵触し凍結された。

 誕生日は17日朝、担当者が入力。これまでは未設定だった。アカウント上の年齢は「14歳」だが、公式ツイッターは2010年1月の開設で、開設当時は「4歳」となり、規約に抵触した。

 空港側がツイッター社に経緯を説明。17日午後6時半ごろ復旧した。