京畿道坡州市で、韓国最初のアフリカ豚コレラが確認された(コラージュ)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国・ソウル北方の京畿道坡州市内の養豚場で17日、致死率が極めて高い豚の伝染病、アフリカ豚コレラの発生が韓国で初めて確認されたのに続き、坡州市と隣接する同道漣川郡で2例目が発生した。農林畜産食品部が18日、明らかにした。

 同部によると、漣川郡内で約2000頭の豚を飼育する農家が、母豚1頭が死んだとして、17日午後2時ごろ、防疫当局に届け出た。感染が疑われる豚からサンプルを採取して検査した結果、アフリカ豚コレラと確認された。

 2例目の養豚農家は、1例目の坡州の養豚農家とは疫学的な関係がないことが分かった。

 漣川郡の同農場の半径500メートル内には、ほかに二つの養豚農家があり、約4500頭を飼育している。同3キロ圏内では3農家の約8500頭となる。

 農林畜産食品部は17日に漣川郡の養豚農家から感染疑いの届け出を受け付けると、同農家に初動防疫チームを送り、人と家畜、車両の移動規制、消毒などの緊急防疫措置を取った。アフリカ豚コレラ感染が判明したことから、緊急行動指針に基づき緊急殺処分などを進める計画だ。

 同部は1例目の発生確認を受けて17日午前6時半、全国の養豚場を対象に48時間の一時移動中止命令を出す一方、発生した農場とその家族が運営する農場の豚計4700頭の殺処分に着手している。