16日深夜、『スピードワゴンの月曜The NIGHT』(AbemaTV)が放送され、お笑いコンビ・ラフレクランのきょんが、ファンから驚きのお願いを受けた過去を明かした。

 番組では「愛され芸人対抗! ファンとのキズナ運動会」と題して、ゲストにお笑いコンビのトット、マヂカルラブリー、ラフレクランをゲストに招き、さまざまな競技に挑戦した。

 「ファンに愛され自慢トーク」では、ファンからの愛を感じるエピソードをそれぞれが披露することに。ラフレクランの西村真二が、ファンから「この世に存在する、のどケアグッズを全部もらった」と明かせば、マヂカルラブリーの村上は、ファンから突然電話番号と「抱いてください」のメモを手渡されたと告白。トットの多田智佑は「踏んだマフラーを首に巻きたい」という、マニアックなリクエストがあったことを明かした。

 しかし、それ以上にスタジオをザワつかせたのは、ラフレクランのきょんのエピソードだった。ある日、ファンから受け取った手紙に「私は今まで男の人としゃべることが苦手で、高校生活で(男性と)まったく絡んでこなかったんです。友だちに連れられてお笑いライブを始めた見たんですけど、ラフレクランのきょんさんという人間を見たときに、私の『体型』『面白さ』『顔』(といったステータスの)の5角形がパーフェクトだった」と、きょんを絶賛する内容が書かれていたという。

 「初めてこんな男の人に会いました、それがあなたです」と綴られていた手紙だったが「きょんさんに、本当にご迷惑を全くかけませんので、もしよろしければ、きょんさんの遺伝子をください」と、衝撃のお願いが書かれていたそう。この内容にきょんは困惑したのかと思いきや、「いやあ、嬉しかったですねえ!」とまんざらでもなさそうに振り返っており、井戸田潤の爆笑を誘っていた。