8年前に大腸菌に汚染されたハンバーグを食べた仏少年 合併症で死亡

ざっくり言うと

  • 2011年に大腸菌に汚染されたハンバーグを食べ、重体となった仏人の10歳少年
  • 14日、このときの感染に起因する合併症で死亡した
  • 2歳のときにハンバーグを食べて以降、体がまひし知的障害を抱えてきた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x