試合中に“ぬいぐるみのシャワー”

写真拡大

 ADOデンハーグとフェイエノールトのファンによる“美しい交流”が今年も行われたようだ。米『ESPN』など複数メディアが報じた。

 15日、フェイエノールト・スタディオンでエールディビジ第6節が行われ、フェイエノールトとADOデンハーグが対戦。前半12分に驚きの出来事が起きた。なんと、ADOデンハーグのサポーターが真下に座っているフェイエノールトのサポーターに向かって、大量のぬいぐるみやおもちゃを投下したのだ。

 これは2016-17シーズンから行われている伝統行事だという。フェイエノールトはソフィア小児病院に入院中の子どもたちを試合観戦に招待。敵地に乗り込んだADOデンハーグのサポーターは真下に彼らが座っていることを知っており、柔らかいぬいぐるみやおもちゃの“シャワー”を浴びせた。

 スタジアムは感動的な雰囲気に包まれたが、あまりの多さにスタジアムのセキュリティ上、ぬいぐるみやおもちゃの数の制限を検討しているという。