iOS13の新機能、「探す」(英語版ではFind My)機能のおかげで、紛失したiPadを見つけることができた、というユーザーの投稿が、海外の掲示板サイトで話題となっています。

諦めていたiPadと再会

iOS13では、iPhoneなどのApple製品を紛失した場合、他の製品との暗号化通信によって探し出すことができる新機能「探す」(英語版ではFind My)が利用可能となります。
 
「robby_c137」氏は、世界有数の旅客数を誇る米ロサンゼルス国際空港で、Wi-FiモデルのiPadを紛失してしまい、「探す」機能のことを忘れていた同氏は、もうiPadを取り戻すことはできないと諦めていました。
 
しかし、翌朝目覚めると、同氏のiPadが、ロサンゼルス空港で他のデバイスから検知された、との通知が2件届いているのに気付きます。
 
空港に向かった「robby_c137」氏は、空港職員の助けを借りて無事にiPadを取り戻すことができたそうです。

暗号化・匿名化された通信でデバイスを探し出す

iOS13などで利用できるようになる「探す」機能は、iPadのほか、iPhone、MacBook、Apple Watch、AirPodsなどの製品を探すことができます。
 
「探す」機能は、匿名化されたBluetooth通信で近くにあるApple製品と通信することで、デバイスの位置を検知します。
 

 
また、通信は暗号化されていることで、デバイスの所有者などの情報が知られることもありません。
 
ただし、同機能を利用するにはBluetoothがオンになっている必要があります。
 
iOS13は、現地時間9月19日に正式版が公開される予定です。
 
 
Source:Reddit via AppleInsider
(hato)