混迷バレンシア、選手がCL会見ボイコット UEFAが制裁も

写真拡大

いよいよ今週から始まる2019-20シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ。

グループHのチェルシー対バレンシア戦はスタンフォード・ブリッジで行われる。

そうした中、バレンシア選手が前日会見をボイコットした。『Sky Sports』などが伝えている。

先日、オーナーと衝突したマルセリーノ監督を電撃解任したバレンシア。アルベルト・セラーデス新監督の初陣ではバルセロナに2-5で敗れた。

この日の会見に現れたのは指揮官だけで、選手の姿はなし。これによって、バレンシアはUEFAから懲戒処分を科される可能性がある。

セラーデス監督は「理想的な状況ではないのは確かだが、これは選手の決断だ。この件について自分が話せることはあまりない」などと述べたとのこと。