クロップ、「お天気でリヴァプール退団説」を完全否定!

写真拡大

2015年からリヴァプールを指揮するユルゲン・クロップ監督。

現在の契約は2022年までとなっており、今後の去就が注目されている。

そうした中、代理人を務めるマルク・コシツケ氏が「イングランドの悪天候が退団要因になりえる」旨の発言をした。

ただ、クロップ本人はこの発言をジョークだと一蹴した。『Liverpool Echo』によれば、CLナポリ戦に向けた会見でこう述べたという。

ユルゲン・クロップ(リヴァプール監督)

「彼はジョークを言いたかったんだと思うよ!

でも、真剣にならなきゃいけないね。

天候については多くのジョークを言えるから、特に(ナポリの会見場で)クレイジーなほど汗を欠いている時はね。

あれはドイツ人のユーモアであり、誰もそうは受け取らなかった。

決断するうえや街を選ぶうえで、自分にとって天候が大事になったことは一度もない。

リヴァプールの天候は常にいいわけではない、特に冬はね。でも、3月と9月は想像しているよりもいいよ」

「私は2015年10月にやってきたけれど、『10月にリヴァプールには行くな』って歌うこともできた。

3月までの5か月はあまりよくなくて、厳しかったね。

天気については何度か話してきた。でも、フットボールに影響があったのは風だ。

それはイングランドでも許されていないし、自分がこの国を離れる理由にはならない。

リヴァプールの天候には完全に満足しているよ。今のこの部屋とは正反対さ!だから、かなり楽しんでいる」

「あの話には何もなかったよ。(コシツケの発言)は爆弾だったので、みんながそれに飛び付いた。

彼は私のエージェントであり、友人だ。

友人は彼らの好きなことを言えるし、誰も彼のジョークを分からなかった。そういうことさ」

代理人は天候を過小評価してないけないとも述べていたが、クロップといては冗談だったということのようだ。