クラブ・ワールドカップの組み合わせ決定

写真拡大

 国際サッカー連盟(FIFA)は16日、スイスのチューリッヒでクラブ・ワールドカップの組み合わせ抽選会が行われた。同大会は12月11日に開幕。決勝は同21日に行われる。

 抽選会には元イングランド代表FWのマイケル・オーウェン氏が登場。抽選の結果、開幕戦は元スペイン代表MFのシャビ・エルナンデス監督が率いるアルサッド(カタール)とヤンゲン・スポート(ニューカレドニア)が対戦する。

 また、鹿島アントラーズと浦和レッズが準々決勝まで勝ち上がっているAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の優勝チームは、2回戦でアフリカ王者のエスペランス・スポルティーブ・ドゥ・チュニス(チュニジア)と対戦。UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)王者のリバプール(イングランド)は準決勝から登場する。

 組み合わせは以下の通り。

▼1回戦

(12月11日)

[1]アルサッド(カタール/開催国代表) vs ヤンゲン・スポート(ニューカレドニア/オセアニア王者)

▼2回戦

(12月14日)

[2]モンテレイ(メキシコ/北中米カリブ海王者) vs [1]の勝者

[3]アジア王者 vs エスペランス・スポルティーブ・ドゥ・チュニス(チュニジア/アフリカ王者)

▼準決勝

(12月17日)

南米王者 vs [3]の勝者

(12月18日)

[2]の勝者 vs リバプール(イングランド/欧州王者)

▼決勝・3位決定戦

(12月21日)