ユヴェントス、ウルトラス12人逮捕 「人種差別するぞ」と脅迫か

写真拡大

イタリアの絶対王者に君臨するユヴェントス。9連覇を目指して、2019-20シーズンを戦っている。

そうした中、ウルトラスグループの12人が警察当局によって逮捕された。『BBC』によれば、逮捕容疑は脅迫やゆすりだという。

クラブに対して、転売するためのチケットを大量かつ安価で購入させないなら、試合で人種差別的なチャントを歌うぞと脅迫していたとされている。

また、マネーロンダリングや暴力行為も告発されたとのこと。犯罪グループへの1年間に及ぶ捜査によって、今回の逮捕に至ったとも。

逮捕者のなかには、4つのウルトラスグループのリーダーたちも含まれている。