2番人気ニシノデイジーは後方に控えての競馬。3角手前から徐々にポジションを上げ、直線は大外に持ち出して必死に前を追ったが、5着まで追い上げるのが精いっぱいだった。「位置は後ろだったが道中はいいリズムで走れた。ただ、休み明けの分なのか、いつものグッと来る感じがなかった」と勝浦。「一度使えばスイッチが入る馬。次は必ず良くなる」と本番での巻き返しを誓った。