<セントライト記念>3着で菊花賞の優先出走権を獲得したザダル(撮影・村上 大輔)

写真拡大

 無傷の4連勝を狙ったザダルは中団追走から追い上げて3着。初黒星を喫したが、石橋は「最内枠だし、馬場的にもアドバンテージがあると思ったので内を突いた。競馬が上手で狭いところに自分から進んでいける馬。トライアルとしてはうまく走れた」と前向き。大竹師は「攻め切っていない中で能力があるところを見せた。騎手も3000メートルはこなせると話していた」と口にした。今後は馬の状態を見ながら、本番に向かうかどうかを判断する。