西武・辻監督【写真:荒川祐史】

写真拡大

残り8試合でマジック8「減ったって試合数と一緒。全て勝ちに行く」

■ロッテ 9-3 西武(16日・メットライフ)

 西武は16日、本拠地メットライフドームでのロッテ戦で3-7で逆転負けを喫した。2回に山川の2点適時打で先制に成功したが、6回に先発の本田がつかまり6失点と逆転を許した。西武は7回に森の適時打で1点を返したが、再三のチャンスを活かせず、連勝は3でストップした。

 ロッテに対し4戦全勝だった本田が1点リードの6回に崩れた。無死満塁から清田に左前適時打を浴びて同点とされると、続く田村の中前2点適時打で逆転を許してノックアウトされた。試合後、辻発彦監督は「よかったと思うけど、ロッテ打線が積極的だった。もっと勝負球を厳しいところに行かないと」と右腕に注文をつけた。

 4点を追いかける8回1死一、二塁で2ストライクから木村のファウルチップを捕手・田村が捕球して空振り三振に。木村が死球と主張したため、辻監督はリクエストを要求したが、判定は覆らなかった。指揮官は「木村は真面目だからな。当たった時に『痛い!』とか言えばいいのに。達川さんの爪の垢でも煎じて飲めよ、と」と冗談で場を和ませたが、「あれで(反撃ムードが)しぼんだ」と悔しがった。

 ソフトバンク、ロッテとの6連戦を4勝2敗で終えた西武。奇跡的なサヨナラ勝ちもあり「ロッテに3つ勝って『こいつらは本当にすごい』と思った」と終盤で見せたナインの集中力に頷いた指揮官。この日はソフトバンクが敗れたため、優勝へのマジックは1つ減って「8」となったが、「減ったって試合数と一緒。全て勝ちに行く」と攻めの姿勢で戦っていく。(安藤かなみ / Kanami Ando)