中日・山本拓実【写真:荒川祐史】

写真拡大

1回に伊藤光の捕逸で先制許す、打線も沈黙…

■中日 8-1 DeNA(16日・ナゴヤドーム)

 セ・リーグ2位のDeNAは16日、敵地の中日戦に1-8で完敗。連勝は2でストップした。中継ぎでの登板から中1日で先発した石田が2回3安打2失点で降板。2番手以降も失点を重ねた。

 DeNAは1回1死二、三塁のピンチで伊藤光が捕逸し、先制点を献上。さらに高橋の内野ゴロの間に2点目を与えた。3回には2番手・国吉が打ち込まれた。1死二、三塁で高橋に適時打、さらに2死満塁で木下に2点打を浴びて、この回3点を許した。

 首痛のため2試合連続で筒香が先発を外れた打線もつながりを欠いた。中日の先発・山本に対して7回無得点に封じられた。

 中日は高卒2年目の山本が7回5安打無失点の好投で3勝目(3敗)を挙げた。(Full-Count編集部)