阪神・藤浪晋太郎【写真:荒川祐史】

写真拡大

阪神藤浪は6回8安打1死球無四球3失点 根尾は3安打1打点

 阪神の藤浪晋太郎投手は16日、ウエスタン・中日戦(ナゴヤ球場)で先発。最速152キロの直球を武器に、6回6奪三振、無四球1死球、8安打3失点だった。

 初回、2死から高校後輩、根尾に右中間三塁打を許したが、続く井領を二ゴロ。2回は2死二塁から友永に右前適時打を許した。3回は根尾に2打席連続安打となる中前打を許したが、続く溝脇を空振り三振に抑えた。

 4回1死一塁では友永に右翼線適時三塁打を献上。続く桂の三ゴロの間に3点目を許した。5回は先頭・根尾の遊失、亀澤の死球などで2死満塁としたが、友永を一直に。6回は1死一塁から二ゴロ併殺打に抑えた。チームは9-4で大勝し、3勝目を挙げた。

 藤浪は1軍初登板となった8月1日の中日戦(甲子園)で4回1/3で3奪三振8四死球、4安打1失点。同2日から2軍再調整となっている。(Full-Count編集部)